FX スプレッド 比較

最新スプレッド比較一覧

- -

FX会社名 ドル円
ユーロ円
ポンド円
豪ドル円
NZドル円
ランド円
詳細
DMM FX 0.5銭 固定 0.9銭 固定 1.5銭 固定 1.4銭 固定 2銭 固定 3銭 固定
ヒロセ通商 0.5〜0.7銭 1.4銭 1.8〜2.2銭 1.4銭 2〜4銭 30〜80銭
GMOクリック証券 0.8銭 固定 1.4銭 固定 2.5銭 固定 1.8銭 固定 2.4銭 固定 3銭 固定
外為ジャパン 0.7銭 固定 1銭 固定 1.5銭 固定 2.2銭 固定 2.5銭 固定 3銭〜
サイバーエージェントFX 0.8銭〜 1.6銭〜 2.5銭〜 1.5銭〜 2.8銭〜 2銭〜
フォーランドオンライン 0.6銭 固定 1.9銭〜 4銭〜 5銭〜 7銭〜 7銭〜
FXブロードネット 0.5〜0.9銭 0.9〜2.3銭 4.7〜4.9銭 3.6銭〜 4.8銭〜 16.4銭〜
みんなのFX 0.7銭 固定 0.9銭 固定 1.6銭 固定 1.9〜2.5銭 2.2〜2.8銭 6銭〜
IGマーケッツ証券 0.9銭 固定 1.9銭 固定 3.5銭 固定 2.2銭 固定 4銭 固定 4銭〜
FXプライム 1〜2銭 固定 3銭 固定 4銭 固定 3銭 固定 4銭 固定 3銭 固定
外為オンライン 1銭 固定 2銭 固定 5銭 固定 5銭 固定 6銭 固定 15銭 固定
インヴァスト証券 0.8銭 1.4銭 2.2銭 1.8銭 2.3銭 2銭
ライブスター証券 0.6〜1銭 1.6〜3銭 2〜6銭 1.5〜4銭 2〜5銭 14.5〜16銭

スプレッドの狭いFX業者ランキング

 DMM FX ★スプレッドでは頭一つ抜けた存在

業界後発の参入ながらも驚異のスペックで猛追!

動画配信やCMでもお馴染みのDVDレンタル事業などで得た資本力を背景に、旧SVC証券を買収し、2009年7月からサービスを開始した「DMM FX」。 資本金の額は43億円です。

この額からもDMMグループとしての力のいれようが分かりますが、その注力の仕方はスペックにも現れています。

スプレッドは上記の主要通貨一覧を見て頂ければわかりますが、ほぼ全ての通貨においてトップクラスのスプレッドを提示しているのがわかります。 「DMM FX」で口座開設がまだの方は、とりあえず開設して損はないFX業者と言えます。

 

初回入金額 レバレッジ スプレッド 通貨ペア
5万円 25倍 0.5銭 12通貨ペア

 

 FXブロードネット ★1000通貨の手数料無料がうれしい

FX初心者ならサブで口座開設をおすすめ!

FXブロードネットも低スプレッドなのですが、ドル円とユーロ円は低いのですが、一覧表を見て頂いたら分かる通り、他の通貨ペアはあまりなので使わないほうがいいと思います。

ただ、このFXブロードネットは1000通貨単位での取引にも対応(ライトコース)しており、なんと手数料が無料なんです。 1000通貨で手数料無料のFX業者はあるのですが、ここまでスプレッドが低い業者で手数料無料はほとんどないので、小額から始めたい方にはおすすめのFX業者と言えます。

 

初回入金額 レバレッジ スプレッド 通貨ペア
3万円 25倍 0.5〜0.9銭 24通貨ペア

 

 外為ジャパン ★主要6通貨ペアが固定!

ユーザビリティの高いFX業者ならココ!

スプレッドよし、スワップよし、1000通貨対応、取引ツールの「Spot Borad PRO」も評判よしとユーザーにはありがたい業者の「MJ」。 スプレッドに至っては固定のおまけ付き。

また新規口座開設の方、既存の方問わずキャンペーンも頻繁に実施していて、期間限定で特定のスプレッドが狭くなったり、 スワップが売り買い同じ値の1本値になったりと、口座開設しておけば何かとオトクなFX業者だと思います。

 

初回入金額 レバレッジ スプレッド 通貨ペア
5万円 25倍 0.7銭固定 32通貨ペア

 

 IGマーケッツ証券 ★オリコン顧客満足度FX部門で総合1位!

ユーザビリティーの高さには定評あり!

IGマーケッツ証券は全業者対象と言うわけではありませんが、 オリコンが発表する「2010年度版 顧客満足度の高いネット証券会社ベスト15・FX部門」において、総合第1位を獲得しています(※総合2位はクリック証券)。

また、電話サポートも24時間対応、電話注文の手数料も無料ということで、パソコンが苦手な方はこのサービスを利用されるとよいかもしれません。 普通、ネットよりも売買手数料が高くなるのが普通ですからね。

 

初回入金額 レバレッジ スプレッド 通貨ペア
1万円 25倍 0.9銭固定 23通貨ペア

 

 みんなのFX ★ドル円は0.7銭固定!その他も最狭スプレッド!

スプレッドだけじゃない!革新的なFX業者!

スプレッドが業界最狭クラスなのはご周知の通り。みんなのFX(EMCOM証券)のメリットはMJ同様、低スプレッドにもかかわらずスプレッドが固定である点。主要6通貨が固定です。

そして、スプレッドだけじゃなく、取引ツールの開発にも力を入れている業者です。今、話題のiPhone(アイフォン)での取引は勿論のこと、googleのアンドロイドにも業界の中でいち早く対応したのはこのみんなのFXです。

 

初回入金額 レバレッジ スプレッド 通貨ペア
10万円 25倍 0.7銭固定 16通貨ペア

 

※スプレッドはドル円のものを記載しております。

キャンペーン特集

「スプレッド」とは?についてもう一度おさらい

スプレッドとは、FX取引におけるコストの1つで、為替レートの「売値(Bid)」と「買値(Ask)」の差のことを指します。

たとえばドル/円の売りのレートが90.00 買いのレートが90.10の場合、スプレッドは1銭になります。 スプレッドが1銭の場合、1万通貨の取引にかかるコストは日本円→米ドル→日本円の往復で100円になります。 1回の取引でこれですから、これが10回100回ともなると莫大なコストですよね。

スプレッドの他に手数料が必要なFX業者もありますが、現在はほとんどのFX業者が手数料無料になっています。

よく、FX業者のサイトを見ると「手数料無料」と書いていますが、これはタダでFX取引ができるという意味ではなく、 以前は大半のFX業者が、スプレッドとは別に手数料を徴収していたので、二重で手数料を徴収していたことになります。怖いですね…。

そう考えると業者間の競争が激しくなる中で、最近になってようやくユーザーもメリットが教授できるようになってきましたね。

FX関連情報

FX(外国為替証拠金取引)というものがある程度世の中に浸透し、FXの取引をされている方も年々増えています。 そんな中、各FX業者とも以前のような爆発的な顧客の獲得が難しくなってきています。そうなるとどうなるか? ユーザーにとっては嬉しいことなのですが、各FX業者間でサービスやスペックを競い合います。資本主義経済の世の中では当たり前のことですけどね。 そうすると目先で言えば、ユーザーに一番わかりやすいのは取引コスト。取引手数料は今は無料が当たり前。スプレッドを如何に低くし、 スワップポイントで如何に他社より高く提示するかで顧客の反応が全然違ってきます。ですので、スプレッドは事前によく把握するべきです。 ただ、特に短期売買の方にスプレッドは重要になってきますが、スペック表には現れない「約定能力」というものも重要視しなければなりません。 単にスプレッドが低くても注文通りに約定しなければ全く意味がありませんからね。ですので、スプレッドと約定力。ここに注目しましょう。